スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全部抜けても大丈夫!(ご挨拶)

ずいぶんと、このブログを放置しておりました。

このブログを読んでくださった方に、
小学校から抜毛症に苦しんだ千夏がどんな風に成長しているかをご報告しなければいけないと思い
久々にページを開きました。


前回の更新のあと、千夏は私立中学に入学し、1年で辞め、俗に言う不登校生活を再開。
フリースクールに通いながら、通信制高校の単位をとっておりましたが、2年前より父親の転勤によりアメリカに渡り、現在は現地の高校に通っております。

小学校の時とちがい、中高は不登校というよりも「行かないという選択」をした感じでした。
行かないと決めてからは、髪を抜く量も減り、元のフサフサヘアに戻りました。
フリースクールがとても楽しかったというのもあったと思います。


アメリカの高校に入ってからは、がんばって毎日通っています。
思えば日本の学校が合わなかっただけかもしれません。
慣れない英語の授業を受け、友達もいない土地で、大量の宿題をこなす毎日はストレスもたまりますので、
少しずつ抜いたり、あまりに疲れた時は学校を少し休んだり、自分でコントロールしながら生活しています。
抜きすぎると禿げた部分ができてしまいますが、うまく隠せているようです。

こちらでは髪型も髪色も自由なので、何度か髪を染めたり色を抜いたりしました。

「そんなことしてると禿げちゃうよ😆」などと軽口を言ったら

「そしたらまた、カツラをかぶればいいんだよ😆」と。

日本の通信課程をなんとか卒業し、今はアメリカの高校の卒業を目指しています。
日本に帰ったら、大学で社会学の勉強をしたいとのこと。

小学生の頃からの辛い思いと、それを乗り越えてきた日々。
学校に行けないこと、行かないこと、それを取り巻く数々の問題について、彼女なりに考えたいのだと思います。


今はもう、髪を抜くことを否定せず生きています。
否定しなくなると、不思議と髪はさほど減らないのです。
親子共々、抜毛症や不登校のことでは悩んでおりませんので当分このブログは更新しないと思います。

でも、抜毛症で悩むお子さんや、その親御さんに

「あなただけじゃない」
「大丈夫」

とお伝えしたいので、このブログは残しておくことにします。


もしまた、千夏の髪がなくなっても、
もし誰か、抜毛で悩む方と出会っても、
私はやっぱり申し上げたいのです。


「全部抜けても大丈夫」

と。

悩めるお子さんと、その親御さんが、今をうまく乗り越え、みなさんが毎日笑っていられますように。


ろかびすままみ


千夏2017

↑今の千夏です。地毛です😆。



スポンサーサイト

塾と不登校

5年生の3学期。


千夏はカツラを被らずに登校を始めた。


大きなカツラをはずすと、もともと小さい頭部がひときわ目立つ。

でも、毎朝のカツラをつける手間が省けていいね。




カツラをはずしても、学校は休みがち。
まあ、休んでもかまわないのだけれど、ずっとこんな感じが続くのかしら。



無理をさせてはいけない。

でも、これは甘やかしすぎでは?




毎日毎日、そんな気持ちが交差する。





そんな日々の中で、千夏が塾に行きたいと言い出した。

いや、今までもずっと行きたいと言っていたのだけれど、学校にもいかないのに塾ってどうよと私などは思う。




しかし、父親のかんすけやその両親は大賛成。



進学校を受験すると千夏が言っている以上、塾にいかせるのは当然だと。






千夏は、どうして進学校を受験したいの?



理由などわかっている。

「価値ある自分」を探しているのだ。





勉強なんか嫌いなくせに。
これ以上ストレス溜めてどうするの?





思えば、かんすけ兄弟は両方中学から私立だし、義母姉妹もそうだ。
彼らからすれば千夏が私立中学に行くのは当然だと思っている。
反対する余地もない。




いくつか見学にいった結果、千夏は個人指導の塾を選んだ。
有名な進学塾はいろいろあるのに、ゆるやかな指導の塾を選んだことにかんすけは不満なようだったが、私は安心した。



他と競争できるほど、今の千夏には余裕などない。




それは、過少評価なのだろうか。




千夏は塾を気に入ったようで、学校を休んでも塾には行った。

週1回の塾で、勉強ができるようになるとは、どうしても思えなかったのだけれど。





クリックをお願いします。




人気ブログランキングへ

長らくお休みしてごめんなさい

また長らくブログをお休みしてました。

前回の記録からもう1年以上経っていますね。


一度カツラをはずしたところで、書く手が止まってしまいました。
このあと、また髪がなくなっていくところを書くのが辛かったのかもしれません。



でも千夏に叱られてしまいました。


「お母さん何やってるの?

 同じ状態で悩んでいる人のために書くんじゃないの?」

って。



なので、千夏の5年生3学期から再開です。

まあ、かなりのダイジェスト版になるとは思いますが、よろしくお願いします。




クリックをお願いします。




人気ブログランキングへ

カツラをはずす日

2009年。

冬休みを迎えたその日、千夏と妹達は3泊4日のキャンプにでかけた。

毎年スキーキャンプに行っている千夏は、雪あそびキャンプの妹達とは別のコースにひとりで参加。



キャンプには慣れている。髪のことをカミングアウトすることにも。



キャンプのための買い物にでかけ、大散財。
千夏には、新しいニット帽も買ってあげた。



千夏と私は、考えていた。



今回は、大丈夫なんじゃない?

カツラのことをカミングアウトするくらいなら。



ずっと帽子もかぶっていることだろうし。





やはり、普通の子にくらべたら薄い。

それに、カツラに隠れるように、かなりのショートカットだ。


でも、それでも。



今回はいけるんじゃない?






学校から帰り、大急ぎでおにぎりを食べ、前日から用意していた大荷物を抱え、4人で電車に乗る。


電車は体面シートで、お昼だから空いていた。


そこで気付く。




カツラ、したままだよ。


どうする?




千夏は、周囲を見回して、さっとカツラをはずし、ニット帽をかぶりなおした。





行くんだね?

もう、要らないんだね?




集合場所で点呼があり、娘達はあっけなくバスに吸い込まれていった。





私のバッグの中にはカツラ。



そのあと私は、美容室へ行って、千夏よりももっともっと短く髪を切った。



夜、ひとりで焼き鳥屋で飲み、そばのバーで泥酔した。




泣きながら、笑いながら、


「今日は本当にいいことがあったんです。もうみなさんも、飲んでください」

と、店の客に振舞ったところまでは憶えている。




翌朝、夫に聞くと、全裸でソファーで眠っていて、夫が帰ったとき



「千夏はえらかったんだよ」と、またオイオイ泣いていたらしい。




はずかしくて、もうそのバーには行けない。


その後、娘たちんのいない貴重な2日間を、二日酔いで過ごした。






クリックをお願いします。




人気ブログランキングへ

薬を変えていくという選択

まだもうすこし、2009年の話を。



学校に行けない日もあるし、抜毛もまだある。
そして、やはり眠れない。


そういう中、今度の医師は「効果がないなら、薬を変えてみましょう」



と言った。




千夏はプレイセラピーへ行き、医師と話すのは私だけ。

私は医師のいうことに従うことにした。




気持ちを高める薬。

眠りを促進する薬。




眠れる薬は、前よりはよく効くようで、少しは眠れるようになる。




眠る薬を飲ませるのは、心が痛む。

「一生飲みつづけても大丈夫な薬です」

と、医師は言っていたが・・・。




それでも、夜眠れるのは千夏にとってはありがたいらしい。

そして、薬のせいかどうかはわからないが、少しずつ学校にいけるようになっている。




何がいいのかわからないが。

何かが良いのかもしれない。




12月に入る頃。


千夏の髪は、もう本当に黒くなってきていた。







クリックをお願いします。




人気ブログランキングへ
プロフィール

ろかびす

Author:ろかびす
ろかびす ままみ:3児の母。理屈が多い39歳。在宅で少し仕事をしている。

千夏(ちなつ):長女。小学校5年生。4年生の春から髪を抜きはじめる。普段は明るくお調子もの。読書とお笑いが大好き。

奈々(なな):次女。小学校1年生。

鈴(りん):三女。年長さん。保育園に通っている。

かんすけ:ままみの夫。3児の父。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。